旅のついでに訪れたい関西のおすすめ水族館3選

京都駅からも歩いて行ける京都水族館

京都水族館は、京都の中心地で神社仏閣とはまた違った魅力を感じられるスポットとして人気があります。JR京都駅中央口から西方向へ歩いて約15分、梅小路公園内にあります。館内には、京都らしさを感じさせるコーナーが多数あります。「京の川」コーナーでは、鴨川のオオサンショウウオや由良川のオイカワ、ギンブナなどを展示しています。「京の海」コーナーでは、京都府北部の海(日本海)を再現したマイワシの大群が泳ぐ大水槽や、アカアマダイやハモといった京料理の食材としても親しまれている魚を観ることができます。「山紫水明」コーナーでは、オヤニラミ、アジメドジョウといった京都特有の生き物、希少な生き物を紹介しています。イルカやペンギン、オットセイといった水族館の人気者にも出会うことができ、楽しい旅の思い出を作れるスポットとなっています。

大阪の海辺にある海遊館、神戸の海辺にある須磨海浜水族園

大阪で水族館を訪れるなら、天保山にある海遊館がおすすめです。海底を想わせるトンネル型の巨大水槽、ふあふあくらげ館など、インパクトのある展示が魅力的です。大阪駅やなんば駅からは、大阪市バスでアクセスができます。大型の商業施設・天保山マーケットプレイスや、大観覧車のある天保山ハーバービレッジにあり、海風を感じながら過ごせる立地です。神戸で水族館に行くなら、須磨海浜水族園がおすすめです。神戸の中心地である三ノ宮駅からは電車で15分ほどでアクセスできます。海辺に広がる須磨海浜公園の一角に、水族園があります。イルカライブ館で行われるイルカショーの見学のほか、ペンギンの餌やり体験もできます。園内には、メリーゴーランドなどのアトラクションもあり、家族連れを中心に賑わっています。それぞれに個性のある水族館で、旅に彩りを添えてくれるおすすめスポットです。

旅行ガイドブック