小さな子どもと一緒の旅行で役立つテクニック・新幹線&特急電車編

小さな子どもとの旅行におすすめの公共交通機関は新幹線と特急電車

赤ちゃんや幼児を連れての旅行はどんな交通手段を使っても大変なものです。特に公共の交通機関を使う場合には周りの目が気になりますので、できるだけ子供にも自分たちにも負担にならない移動手段を選ぶべきです。公共交通機関の中で比較的、子ども連れの旅行に利用しやすいのが座席指定のできる特急電車や新幹線などです。一旦席に着いたらなかなか移動できないバスや、行動が制限される飛行機と違って、移動中もある程度は自由に車内を動くことができますので、なかなかじっとしていられない時期の子どもとの旅行に適した移動手段です。しかし、やはり公共の場であることには変わりありませんので、できるだけ周りに迷惑を掛けない利用の仕方を考えていきましょう。

席の位置を工夫するだけでずいぶん楽になります

まず、予約する席の位置で移動中の負担がずいぶん楽になります。おすすめなのは車両の一番前の席か、一番後ろの席です。一番前の席の場合は足元のスペースが広くなっていますので、そのスペースを有効に使うことができます。じっと座っていられない子どもの場合はそのスペースにレジャーシートをひいておくことで、そこに座って遊ばせることも可能です。一番後ろの席の場合は、少し座席の後ろにスペースがありますので、かさばるベビーカーや荷物を置いておくのにも便利です。そしてどちらの場合にもトイレに近い車両を選んでおきましょう。また、車内で子どもを遊ばせる際には音の出ない新しいおもちゃを用意することをおすすめします。いつも使っているおもちゃでは飽きてしまうこともありますので、新しいものをいくつか買っておくといいでしょう。貼ってはがせるシールブックなどは音も出ませんし、かさばらないので旅行に最適なおもちゃです。

旅行写真