小さな子どもと一緒の旅行で役立つテクニック・新幹線&特急電車編

小さな子どもとの旅行におすすめの公共交通機関は新幹線と特急電車

赤ちゃんや幼児を連れての旅行はどんな交通手段を使っても大変なものです。特に公共の交通機関を使う場合には周りの目が気になりますので、できるだけ子供にも自分たちにも負担にならない移動手段を選ぶべきです。公共交通機関の中で比較的、子ども連れの旅行に利用しやすいのが座席指定のできる特急電車や新幹線などです。一旦席に着いたらなかなか移動できないバスや、行動が制限される飛行機と違って、移動中もある程度は自由に車内を動くことができますので、なかなかじっとしていられない時期の子どもとの旅行に適した移動手段です。しかし、やはり公共の場であることには変わりありませんので、できるだけ周りに迷惑を掛けない利用の仕方を考えていきましょう。

席の位置を工夫するだけでずいぶん楽になります

まず、予約する席の位置で移動中の負担がずいぶん楽になります。おすすめなのは車両の一番前の席か、一番後ろの席です。一番前の席の場合は足元のスペースが広くなっていますので、そのスペースを有効に使うことができます。じっと座っていられない子どもの場合はそのスペースにレジャーシートをひいておくことで、そこに座って遊ばせることも可能です。一番後ろの席の場合は、少し座席の後ろにスペースがありますので、かさばるベビーカーや荷物を置いておくのにも便利です。そしてどちらの場合にもトイレに近い車両を選んでおきましょう。また、車内で子どもを遊ばせる際には音の出ない新しいおもちゃを用意することをおすすめします。いつも使っているおもちゃでは飽きてしまうこともありますので、新しいものをいくつか買っておくといいでしょう。貼ってはがせるシールブックなどは音も出ませんし、かさばらないので旅行に最適なおもちゃです。

旅行写真

初めての女子一人旅、どう踏み出す?

安心感で選ぶ、女性専用宿泊施設

一人旅に憧れてはいるけれど、やっぱり不安の方が大きくて楽しめないかも、という一人旅ビギナー女子におすすめなのが、女性専用のホテルや旅館などです。また、女性専用のフロアのあるホテルというのもあります。女性専用ホテルや旅館は、まだ日本全国どこにでもあるというわけではありませんが、専用のフロアなり、ブロックなりを設けているホテルは、かなり各地にあります。こちらも今のところ、小さな観光地などでは見当たらないところもあり、全国どこでもとまでは言えない状態ですが、観光の拠点となる都市ではだいたいみつけられます。都会では、専用フロアのあるカプセルホテルなどもあります。また、女性専用ペンションや民宿というのもあり、各地に散在しています。それぞれ個性があり、値段の幅やサービス内容もさまざまなので、自分にあうところを探してみましょう。

女性限定プランで、自分にご褒美

専用のスペースはないけれども、女性限定プランや女性おひとり様プランなどを設定して、安全やプライバシーに配慮してくれたり、特典を付けてくれたりする宿泊施設も多くあります。旅の目的が、観光と同じくらいか、それ以上に宿泊というような場合には、このようなプランを利用することがおすすめです。アメニティや美容グッズが揃っていたり、女性向けの食事やスィーツが準備されていたり、エステやマッサージなどのプランが組みこまれていたり、ケースによって内容はさまざまですが、優雅な空間で、のんびりと癒しの時を過ごすことができます。女性目線で整えられた非日常に身を置いてリフレッシュするのは、自分にご褒美的な一人旅の時間となるはずです。

タビマスターズ

一人旅のメリットと準備について

一人旅にはどんな魅力があるか

1人で旅をすることにはいろいろなメリットがあります。まず人の予定に左右されないことです。団体で行動すると、自分が好きなように旅行することは難しいですが1人ならば他の人に迷惑をかけることもないです。好きなように行動することができます。また、一人旅ならば必要なものさえ準備すれば行動しやすいです。調整をすることなく急に予定が空いてしまった場合もすぐに旅立てます。現地でパンフレットを見たりすることで急に予定を変更したくなった場合も、すぐに行動が可能です。美味しそうな飲食店があれば気軽に立ち寄ることができ、他に気になる施設があれば他の予定を中止して行けます。途中で宿泊先に行って休めるなど調整もしやすくなっています。

一人旅の前に準備しておくこと

一人旅に行くならば準備をしっかりする必要があります。電車などを利用する際に交通チケットが必要ならば事前に準備しておきましょう。飛行機を使う場合は旅行シーズン中は取りにくいことがあるので、早めに行動しましょう。また地方に行く場合はバスや電車が少ないことがあるので、あらかじめ時間を確認することをおすすめします。旅行に持っていく荷物を少なくしたいならば、服を上手く調節しましょう。一人旅ならば人の目をあまり気にしなくていいので、下着の着替えだけを準備しておくのもよいです。行き先の天候によって、どんな服を準備をすればいいのか検討しましょう。温泉旅館に行く場合はノベルティがあるか確認して、無い場合はタオルを持っておくと安心です。

観光

個人旅行でも旅行会社利用で快適な旅を

旅行会社は様々な手間を軽減してくれる

旅行会社利用においてはツアープランなどのイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人の旅行においても快適な利用ができます。飛行機、列車の乗車券入手、宿泊先の予約、旅行先観光スポットの入場券入手など様々な雑務を代わりに行ってくれます。旅行における効率的なプランの提案などをしてくれるような旅行会社も存在しますので、専門的な見解からのアドバイスなども受ける事ができ、良い旅を実現するための方法としては良いかもしれません。インターネットなどを活用する事が苦手な方などや面倒な方は、このような旅行会社利用で手間なく旅行プランを計画する事もできる可能性があり、手間を軽減したい方なども良い方法でしょう。

旅行会社を利用する前にある程度のプランを検討する

旅行会社に全て任せるのも一つの方法と言えますが、旅行会社の担当の方もある程度の方向性があった方が決めやすい場合もあると言えます。旅行会社を利用する前にある程度のプランを決めておいた方が良いかもしれません。旅行プランをある程度決めるにしても細部まで細かく決める必要はなく、どこに行きたいか、どのような観光スポットに行きたいか、宿泊先のこだわりがあるのであればそのあたりなどを決めておくと、旅行会社を訪れた際にスムーズにプランを決める事ができるでしょう。個人差や旅行会社によっては異なる点もあるかもしれませんが、方向性が決まっていれば問題なく良いプランを提案してもらえる可能性もあると言えます。旅行会社は旅行する上では様々な活用ができ、相談だけでもしてみると参考になる場合もあるでしょう。

旅行

旅行の荷物をコンパクトにまとめる裏技

メガネケースを利用する方法

旅行をする場合、荷物をできるだけコンパクトにまとめて身軽に行きたいですよね。そこで、旅行の荷物を少しでも軽くするためのポイントを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。せっかく旅行に行くのでしたら、おしゃれを楽しみたい人も多いのではないでしょうか。しかし、アクセサリーなどを持っていくとなると荷物がかさばってしまうという心配もあるはずです。そのような場合におすすめなのは、メガネケースにアクセサリーを収納する方法です。メガネケースでしたらネックレスやピアス、指輪などを数点入れることができ、コンパクトにまとめることができます。1つずつのアクセサリーをティッシュや布などでくるんでおけば、お互いを傷つけることなく持っていくことができるでしょう。

コンタクトケースやピルケースを活用しよう

次におすすめなのが、乳液やワックスなどのようなクリーム類を持ち運ぶのに便利なコンタクトケースを利用することです。コンタクトケースは2つに分かれているので、1つに2種類のものを入れることができて非常にコンパクトです。乳液やワックスなどは一般的なボトルやケースで持っていくとなるとかさばってしまいますので、ぜひ、コンタクトケースを利用してみましょう。また、バーベキューなど、旅行先で料理を行う時にはピルケースに調味料を入れて持っていくこともおすすめです。たくさんの調味料を持っていく場合にも、ピルケースならかさばりません。透明のピルケースを選べば、中身が見えるので効率的に使うことができるでしょう。様々なアイテムをコンパクトにまとめることができるこれらのケースは、100円ショップで手に入れることができます。ぜひ、活用してみましょう。

観光協会

箱根を芯から味わい倒す2つの方法!

まずは温泉から!自分好みのお湯の見つけ方

かの豊臣秀吉や江戸時代の旅人も浸かったと言われる箱根の湯は、箇所によって泉質が違います。例えば箱根の山のふもと辺りでは無色透明の弱アルカリ性がほとんどで、大涌谷の近くに行くと濃い硫黄の湯が増えてきます。湯を所有する施設が持つ源泉によっては、ほんの少し上に行ったり下に行ったりするだけで湯が変わる事もある程です。そんな箱根なので自分の好きな湯を見つけると楽しいですが、初めて行く場合弱アルカリから入浴すると湯あたりしにくいと言われてます。そして体を慣らしてから硫黄に入ると体がなじむので、宿泊と日帰り温泉を組み合わせるとばっちり楽しめるのです。ネットで湯の泉質や効能が事前に調べる事が出来るので、行く前は要チェックです。

次はお腹を満たす!美味しい店の探し方

お風呂に入り体をほぐした後はご飯ですが、箱根は事前に行く場所を決めておいた方が良いです。なぜなら人気の店はランチタイムになると込み合うので、早めに並ばないとその後の予定に関わる事もあります。お洒落なカフェやレストランもありますが同じ箱根の山と言っても道によって目的地が違うので、目的地にあった所を選ばないとものすごく遠回りになる場合も考えておくべきです。またホテルの中には、入浴とランチがセットになった施設も楽しめます。近くは海も山もある箱根なので、どこで食べても新鮮な食材を使っていて満腹満足間違いなしです。こうしたホテルは事前に予約しておくとお得なプランや予約限定のメニューもあるので、事前にチェックする事で満足度がアップします。

旅芸人