旅行のきっかけ、あれこれ

実は、旅行は体力勝負!

旅行と言えば、遠出をすることが多くなるものです。目的地に着くまでの道中、景色を眺めたりおしゃべりをしたり、あっという間に着いてしまうような錯覚に陥りますが、実は移動に体力を奪われていたりするものなのです。車での移動なら、運転しなければなりません。運転手は安全や同乗者の乗り心地に気を配るという気疲れがあります。公共交通機関を利用する場合、駅やバス停までの徒歩移動も、知らない土地を歩くことで時間がかかったり距離が延びることがあります。「行く」ということは、「帰り」もあります。旅行が終わって気持ちがリフレッシュされても、何故だか身体は疲れている、ということはありませんでしたか?時間やお金以外に、旅行には体力も必要なのです。

「いつか行こう」を「今行こう」に

一人旅が流行りだしてから、旅行は誰かと一緒じゃないと、という他人からの目線が気にならなくなりました。自分が行きたいときに出かけられる気軽さは素晴らしいです。ですが、旅行で感じたことを共感してくれる「連れ」がいると、いっそう楽しめることも事実です。もし、一緒に旅行したい相手がいたら、思い切って誘ってみてはいかがでしょうか。そのうち行こうね、は、いつ来るか分かりません。その間に相手の状況や立場、ライフステージの変化や健康状態によって、行動が制限されてしまうかもしれません。両親が元気なうちに一緒に旅をしよう。友達が独身のうちに旅を楽しもう、子供が受験前に家族旅行したい。そのきっかけは様々です。思い立ったら吉日です。旅行は身体と気持ちが動くうちです。

タビマスターズ

現地調達が可能な旅行先での乗り物

旅行先の移動がはかどるレンタカーを活用

旅行先では、自由に移動できる手段があると大変便利です。特に広い範囲に及ぶ観光地の場合には、徒歩では全てをカバーするのは難しいです。そこで旅行先の移動手段にレンタカーを利用すると、フットワークが軽くなります。観光地では各所にレンタカーを貸してくれる場所があり、調達は容易です。車は道路さえ通っていれば、電車では訪れる事が出来ない場所にもアクセスできるメリットを持ちます。特に地方は都会と異なり公共の交通機関が整っていないため、レンタカーでの移動手段が向いています。旅行に出掛ける前にあらかじめ利用の予約を入れておけば、スムーズに手続きが済みます。一方で免許証がレンタカーの運転に不可欠なため、ドライバーは忘れずに旅行先に持参する必要があります。

レンタルバイクで増える旅行の楽しみ

バイクの免許を持っているなら、旅行先の移動手段にレンタルバイクという選択肢もあります。バイクには風を全身に受けながらツーリングできる楽しみがあり、バイクツーリングを主な目的として旅行に出掛ける人も多いです。レンタルバイクは家族での旅行にはあまり向いていないものの、個人やカップルでの旅行では十分に選択肢に入ります。車種についても、原付から大型二輪まで車種が揃ったショップが各地で見つけられます。気軽に旅行を楽しむなら、レンタルバイクの中でもスクーターが便利です。スクーターは荷物を載せるスペースが広いため、旅行中のショッピングにも適しています。あるいは加速に優れたミッション式のバイクを選ぶのも、旅行先でのレンタルバイクの楽しみ方の一つです。

タビマスターズ

初めての女子一人旅、どう踏み出す?

安心感で選ぶ、女性専用宿泊施設

一人旅に憧れてはいるけれど、やっぱり不安の方が大きくて楽しめないかも、という一人旅ビギナー女子におすすめなのが、女性専用のホテルや旅館などです。また、女性専用のフロアのあるホテルというのもあります。女性専用ホテルや旅館は、まだ日本全国どこにでもあるというわけではありませんが、専用のフロアなり、ブロックなりを設けているホテルは、かなり各地にあります。こちらも今のところ、小さな観光地などでは見当たらないところもあり、全国どこでもとまでは言えない状態ですが、観光の拠点となる都市ではだいたいみつけられます。都会では、専用フロアのあるカプセルホテルなどもあります。また、女性専用ペンションや民宿というのもあり、各地に散在しています。それぞれ個性があり、値段の幅やサービス内容もさまざまなので、自分にあうところを探してみましょう。

女性限定プランで、自分にご褒美

専用のスペースはないけれども、女性限定プランや女性おひとり様プランなどを設定して、安全やプライバシーに配慮してくれたり、特典を付けてくれたりする宿泊施設も多くあります。旅の目的が、観光と同じくらいか、それ以上に宿泊というような場合には、このようなプランを利用することがおすすめです。アメニティや美容グッズが揃っていたり、女性向けの食事やスィーツが準備されていたり、エステやマッサージなどのプランが組みこまれていたり、ケースによって内容はさまざまですが、優雅な空間で、のんびりと癒しの時を過ごすことができます。女性目線で整えられた非日常に身を置いてリフレッシュするのは、自分にご褒美的な一人旅の時間となるはずです。

タビマスターズ

個人旅行でも旅行会社利用で快適な旅を

旅行会社は様々な手間を軽減してくれる

旅行会社利用においてはツアープランなどのイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人の旅行においても快適な利用ができます。飛行機、列車の乗車券入手、宿泊先の予約、旅行先観光スポットの入場券入手など様々な雑務を代わりに行ってくれます。旅行における効率的なプランの提案などをしてくれるような旅行会社も存在しますので、専門的な見解からのアドバイスなども受ける事ができ、良い旅を実現するための方法としては良いかもしれません。インターネットなどを活用する事が苦手な方などや面倒な方は、このような旅行会社利用で手間なく旅行プランを計画する事もできる可能性があり、手間を軽減したい方なども良い方法でしょう。

旅行会社を利用する前にある程度のプランを検討する

旅行会社に全て任せるのも一つの方法と言えますが、旅行会社の担当の方もある程度の方向性があった方が決めやすい場合もあると言えます。旅行会社を利用する前にある程度のプランを決めておいた方が良いかもしれません。旅行プランをある程度決めるにしても細部まで細かく決める必要はなく、どこに行きたいか、どのような観光スポットに行きたいか、宿泊先のこだわりがあるのであればそのあたりなどを決めておくと、旅行会社を訪れた際にスムーズにプランを決める事ができるでしょう。個人差や旅行会社によっては異なる点もあるかもしれませんが、方向性が決まっていれば問題なく良いプランを提案してもらえる可能性もあると言えます。旅行会社は旅行する上では様々な活用ができ、相談だけでもしてみると参考になる場合もあるでしょう。

旅行

箱根を芯から味わい倒す2つの方法!

まずは温泉から!自分好みのお湯の見つけ方

かの豊臣秀吉や江戸時代の旅人も浸かったと言われる箱根の湯は、箇所によって泉質が違います。例えば箱根の山のふもと辺りでは無色透明の弱アルカリ性がほとんどで、大涌谷の近くに行くと濃い硫黄の湯が増えてきます。湯を所有する施設が持つ源泉によっては、ほんの少し上に行ったり下に行ったりするだけで湯が変わる事もある程です。そんな箱根なので自分の好きな湯を見つけると楽しいですが、初めて行く場合弱アルカリから入浴すると湯あたりしにくいと言われてます。そして体を慣らしてから硫黄に入ると体がなじむので、宿泊と日帰り温泉を組み合わせるとばっちり楽しめるのです。ネットで湯の泉質や効能が事前に調べる事が出来るので、行く前は要チェックです。

次はお腹を満たす!美味しい店の探し方

お風呂に入り体をほぐした後はご飯ですが、箱根は事前に行く場所を決めておいた方が良いです。なぜなら人気の店はランチタイムになると込み合うので、早めに並ばないとその後の予定に関わる事もあります。お洒落なカフェやレストランもありますが同じ箱根の山と言っても道によって目的地が違うので、目的地にあった所を選ばないとものすごく遠回りになる場合も考えておくべきです。またホテルの中には、入浴とランチがセットになった施設も楽しめます。近くは海も山もある箱根なので、どこで食べても新鮮な食材を使っていて満腹満足間違いなしです。こうしたホテルは事前に予約しておくとお得なプランや予約限定のメニューもあるので、事前にチェックする事で満足度がアップします。

旅芸人

工場見学や体験学習ができる旅行のスタイル

勉強しながら楽しめる工場見学ツアー

旅行のスタイルの多様化が進んでいる中で、人気が高まっているのが工場見学ツアーです。ありきたりな旅行に飽きている人は、見学ツアーに新しい旅行の楽しみが見つけられます。工場見学ツアーでは工場施設内を見学可能で、その内部の光景は一般人にとって興味深いものです。工場内で精密に動く機械の数々は見ごたえがあります。工場見学ツアーでは、普段から慣れ親しんだ商品の製造過程が良く分かり、楽しみながら勉強にもなります。また食品などの工場見学ツアーでは、作られたばかりの商品を試食できるのも魅力の一つです。さらに工場施設内には売店も併設されていて、現地でなければ購入できないないようなオリジナルグッズも販売されています。

農業や工芸の体験ができる体験ツアーの魅力

体験ツアーは、新しい経験ができる旅行のスタイルです。例えば農業体験ツアーは、都会で暮らす人にとって新鮮な驚きがあります。都市部の生活では田畑に関わる機会が少なく、農業体験には新鮮な驚きがあります。農業体験ツアーでは実際に農地を耕したり田植えを行うなど、自ら農作業を体験することが可能です。農作業は見た目以上に大変な重労働で、体験してこそ分かる事が多いです。また体験ツアーには、工房での物作りが体験できる旅行のプランもあります。陶芸やガラス工芸などの物作りを体験できて、オリジナルの作品作りも楽しむことができる旅行です。中には、物作りの体験ツアーでの出会いがきっかけになりアーティストを目指す人もいます。

バカンス