ハワイで観光を楽しむための抑えておくべき場所。

ハワイで多くの観光客が訪れる人気の有名観光スポット。

ハワイに観光した際に行っておくべき場所はたくさんありますが、1番有名な場所といえばダイアモンドヘッドです。オアフ島にある火山で世界的にも有名なハワイの象徴ともいえる場所です。頂上からの景色はワイキキを一望でき、昼の景色と夕暮れで違った景色を楽しむことができます。ビーチですとカイルアビーチが有名です。全米で1番綺麗なビーチと呼ばれていて、砂浜も海もとても綺麗で落ち着いた雰囲気で海水浴を楽しめます。また、ウミガメの保護地でもあるため運がよければウミガメに出会うことができます。その他にもアリゾナ記念館なども多くの観光客が訪れます。ここは太平洋戦争の際に日本軍が奇襲した場所として知られていますが、今でもその場所の下にアリゾナの戦艦が沈没しているのを見ることができます。

ハワイでの食事を満喫したい人におすすめスポット。

ハワイには美味しいお食事が楽しめる場所がたくさんありますが、朝食でおすすめのお店はボガーツ・カフェです。ここは地元の人にも大人気のお店で、パンケーキからワッフルまで朝食に食べたいメニューが豊富です。その中でも特におすすめがアサイーボウルです。アサイーはハワイでは定番の朝食ですが、このお店はハワイで1番美味しいと評判です。次に昼食でおすすめのお店はマリポサです。ハワイの心地よい風を感じながら食事が楽しめるお店です。料理は時間帯によって変わりますが、ランチタイムに行くことでリーズナブルな値段で食事を食べることができます。そして夕食といえばミッシェルズがおすすめです。ここはハワイのディナーで1番有名なお店で、地元テレビでも全米で最もロマンチックなお店と紹介されるほどです。店内から見える海の景色は絶景で、夕暮れの景色が特に美しいので、夕暮れの時間に来店し、ゆっくり食事を楽しむのがおすすめです。

世界旅行博

旅先でレンタカーを活用すると節約になります

電車とレンタカーの組み合わせはピッタリ

大都市に住んでいるとバスやタクシーの利用に抵抗が少なくなります。流しや駅待ちしているタクシーが多いこともありますが、何より料金面で安いからです。旅行先では風光明媚な地域ほどタクシーに山岳料金が設定されています。深夜ではなくても2割増料金という点から、貸切利用を推奨という状態。そこでレンタカーを組み合わせた旅が注目されます。電車とりわけ新幹線停車駅にはレンタカー会社が軒並み併設されています。電車の切符手配と同時にレンタカー予約をすることで割引も受けられることから、割安な料金で利用可能。カーナビが標準装備されているので、目的地をセットすればルート検索も安心です。旅行先に大きめの荷物を持って行くことも可能になるので、電車とレンタカーの組み合わせは旅の範囲を広げられます。

エコに配慮した旅を計画することも可能になりました

旅行をする際にマイカーを使わないことでエコに貢献することが出来ます。電車とエコカーを採用したレンタカーの利用やレンタサイクルなど、マイカーを使わない時間が多くなるほど化石燃料に頼る生活から距離を置けるのです。環境保護地域を走るバスでは、電気自動車が採用されるようになりました。環境保護に力を入れている観光地では、近隣の駅から利用するレンタカーにも電気自動車の採用が増えています。旅先で迷ってしまいがちな時には、スマートフォンの利用により現在位置の特定が可能です。駅からレンタカーを利用するとカーナビに付属しているGPS機能を利用して道迷いを防げます。緊急時にも連絡先が24時間対応となっている会社が多いので安心です。

余暇

旅行は身軽に行くのが一番

ショッピングバッグを携帯する

普段の買い物に使用しているショッピングバッグは、女性なら通勤にも携帯している人は多いのではないでしょうか?実はショッピングバッグが活躍するのはスーパーの買い物だけではありません。旅行の時にも、スーツケースや手持ちのバッグにショッピングバッグを1つ入れておくと便利です。例えば、お土産が予想以上に増えてしまった時に大活躍します。現地から宅配便を利用して送ってしまうというのは多いようですが、どうしても自分で持って帰りたいものや破損が心配されるもの、または食品などはショッピングバッグに入れて手荷物にしてしまえばいいのです。旅行先で着替えの衣類を購入してしまい、下着や靴下などの小物類が入り切らない時にも便利に活用出来ます。

いざという時にも安心!ペタンコ靴

最近は折り畳めるフラットシューズがいろいろ出ています。ヒールの無いもので通称「ペタンコ靴」と言われているシューズは、色柄も豊富で、リボンのついたものなど可愛いものもたくさん増えています。ヒールが疲れた時に通勤時に携帯するのもいいですが、歩くことの多い旅行の時こそ持っていると便利です。履いていた靴が壊れた時やヒールでは歩けない場所、または靴擦れなど、いざという時に忍ばせておくと本当に助かります。特に海外の場合には、現地ではなかなか合う靴が見つからない、なんて事態も発生します。場所を取らない携帯用のフラットシューズは、スーツケースに入れても手持ちのバッグに入れても軽くて邪魔になりません。服に合わせて何足か持って行く時にも手軽です。

放浪

工場見学や体験学習ができる旅行のスタイル

勉強しながら楽しめる工場見学ツアー

旅行のスタイルの多様化が進んでいる中で、人気が高まっているのが工場見学ツアーです。ありきたりな旅行に飽きている人は、見学ツアーに新しい旅行の楽しみが見つけられます。工場見学ツアーでは工場施設内を見学可能で、その内部の光景は一般人にとって興味深いものです。工場内で精密に動く機械の数々は見ごたえがあります。工場見学ツアーでは、普段から慣れ親しんだ商品の製造過程が良く分かり、楽しみながら勉強にもなります。また食品などの工場見学ツアーでは、作られたばかりの商品を試食できるのも魅力の一つです。さらに工場施設内には売店も併設されていて、現地でなければ購入できないないようなオリジナルグッズも販売されています。

農業や工芸の体験ができる体験ツアーの魅力

体験ツアーは、新しい経験ができる旅行のスタイルです。例えば農業体験ツアーは、都会で暮らす人にとって新鮮な驚きがあります。都市部の生活では田畑に関わる機会が少なく、農業体験には新鮮な驚きがあります。農業体験ツアーでは実際に農地を耕したり田植えを行うなど、自ら農作業を体験することが可能です。農作業は見た目以上に大変な重労働で、体験してこそ分かる事が多いです。また体験ツアーには、工房での物作りが体験できる旅行のプランもあります。陶芸やガラス工芸などの物作りを体験できて、オリジナルの作品作りも楽しむことができる旅行です。中には、物作りの体験ツアーでの出会いがきっかけになりアーティストを目指す人もいます。

バカンス

箱根を芯から味わい倒す2つの方法!

まずは温泉から!自分好みのお湯の見つけ方

かの豊臣秀吉や江戸時代の旅人も浸かったと言われる箱根の湯は、箇所によって泉質が違います。例えば箱根の山のふもと辺りでは無色透明の弱アルカリ性がほとんどで、大涌谷の近くに行くと濃い硫黄の湯が増えてきます。湯を所有する施設が持つ源泉によっては、ほんの少し上に行ったり下に行ったりするだけで湯が変わる事もある程です。そんな箱根なので自分の好きな湯を見つけると楽しいですが、初めて行く場合弱アルカリから入浴すると湯あたりしにくいと言われてます。そして体を慣らしてから硫黄に入ると体がなじむので、宿泊と日帰り温泉を組み合わせるとばっちり楽しめるのです。ネットで湯の泉質や効能が事前に調べる事が出来るので、行く前は要チェックです。

次はお腹を満たす!美味しい店の探し方

お風呂に入り体をほぐした後はご飯ですが、箱根は事前に行く場所を決めておいた方が良いです。なぜなら人気の店はランチタイムになると込み合うので、早めに並ばないとその後の予定に関わる事もあります。お洒落なカフェやレストランもありますが同じ箱根の山と言っても道によって目的地が違うので、目的地にあった所を選ばないとものすごく遠回りになる場合も考えておくべきです。またホテルの中には、入浴とランチがセットになった施設も楽しめます。近くは海も山もある箱根なので、どこで食べても新鮮な食材を使っていて満腹満足間違いなしです。こうしたホテルは事前に予約しておくとお得なプランや予約限定のメニューもあるので、事前にチェックする事で満足度がアップします。

旅芸人

個人旅行でも旅行会社利用で快適な旅を

旅行会社は様々な手間を軽減してくれる

旅行会社利用においてはツアープランなどのイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人の旅行においても快適な利用ができます。飛行機、列車の乗車券入手、宿泊先の予約、旅行先観光スポットの入場券入手など様々な雑務を代わりに行ってくれます。旅行における効率的なプランの提案などをしてくれるような旅行会社も存在しますので、専門的な見解からのアドバイスなども受ける事ができ、良い旅を実現するための方法としては良いかもしれません。インターネットなどを活用する事が苦手な方などや面倒な方は、このような旅行会社利用で手間なく旅行プランを計画する事もできる可能性があり、手間を軽減したい方なども良い方法でしょう。

旅行会社を利用する前にある程度のプランを検討する

旅行会社に全て任せるのも一つの方法と言えますが、旅行会社の担当の方もある程度の方向性があった方が決めやすい場合もあると言えます。旅行会社を利用する前にある程度のプランを決めておいた方が良いかもしれません。旅行プランをある程度決めるにしても細部まで細かく決める必要はなく、どこに行きたいか、どのような観光スポットに行きたいか、宿泊先のこだわりがあるのであればそのあたりなどを決めておくと、旅行会社を訪れた際にスムーズにプランを決める事ができるでしょう。個人差や旅行会社によっては異なる点もあるかもしれませんが、方向性が決まっていれば問題なく良いプランを提案してもらえる可能性もあると言えます。旅行会社は旅行する上では様々な活用ができ、相談だけでもしてみると参考になる場合もあるでしょう。

旅行